Nuflair+Lecture ~openFrameworksを使ったAudio Reactiveな映像製作~

post-rogo
  • Mar 2013

    Nuflair+Lecture
    ~openFrameworksを使ったAudio Reactiveな映像製作~
    2013.4.14 (sun) at GalaxyGallery
    OPEN 14:00 ~ 20:30
    ※20名限定 (完全予約制、先着順) 定員に達し次第、募集を終了致します。
    ・料金 >一般:4000円+1drink500円 /  学生:3000円+1drink500円

    [Concept]
    openFrameworksを使い、音に反応する映像をプログラミングによって作り出す方法を学ぶレクチャーイベント。

    [openFrameworksとは]
    プログラミング言語C++向けの、クリエイティブ・コーディングに特化したオープンソースな製作環境ツール。
    http://openframeworks.jp/

    様々なメディアを駆使した作品を作りたい!!

    でも、、様々な技術に精通しなくてはならない~サウンド、ビデオ、フォント、画像解析etc.

    openFrameworksを利用すると…既存の道具(ライブラリ)を設定なしに使用可能!!

    例えばこんな事もできます。(※音が出ます。)
    http://youtu.be/grZZtvUWyxw
    http://vimeo.com/42852185

    openFrameworksを活用した作品・参考サイトが掲載
    http://www.creativeapplications.net/category/openframeworks/

    本講座は初心の方を対象としていますので、この機会にぜひ一緒に学びましょう!

     

    ・御予約先
    info@galaxygallery.info 迄
    ※件名に「4/14 Nuflair+Lecture 受講予約」と記載して頂いた後
    お名前、ご連絡先を添えてお送り下さい。

     

    ・当日お持ち頂く物
    Mac環境のPC(OS10.6以降)

    ・当日までにして頂くこと
    Xcode4.3以降のバージョンのXcodeをあらかじめインストールしておき、openFrameworksのHPから最新版のoF(現時点で0.74)をDLしておいて下さい。

    Xcodeセットアップガイド
    http://openframeworks.jp/setup/xcode/

     

    [講師]
    Kezzardrix / 神田 竜
    [プロフィール]
    関西在住のアーティスト。
    自作ソフトウェアを駆使したインタラクティブな映像と音楽、モバイルデバイスを用いたパフォーマンス等を京都、大阪を中心に行う。
    VJとしては、関西のクラブを中心に活動しながら、Zettai-mu Springup2011やtaico club、republic等の大規模フェスにも出演。
    アーティスト毎に新規でソフトウェアを開発するスタイルで国内外問わず様々なアーティストのVJを担当。
    2012 年からオーディオビジュアルグリッチジャズユニット「SJQ++」の映像メンバーとしての活動をスタート。また、現代美術やメディアアートの作家の舞台や インスタレーション、広告企業のデジタルサイネージ、キャンペーン、iOSアプリ、webサイト等におけるインタラクティブな仕掛けのサポートプログラマ として多岐に渡る活動をしている。
    MV制作も手がけ、DUB-RussellやGo-qualia、Perfume golbal site project等での作品が話題を呼んだ。
    自身のインタラクティブ作品は文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品や学生CGコンテスト優秀賞、ADAA等に入選している。
    http://www.kezzardrix.net/

     

    [アシスタント]
    坪倉 輝明
    [プロフィール]
    Programmer / MediaArtist / VJ / Dancer
    U-moa 京都支部長 / プロジェクションマッピングエヴァンジェリスト
    1-10design,inc Interaction Development Group
    神奈川工科大学 小坂研究室 アドバイザ

    自作ソフトウェアによるインタラクティブな映像演出とKinect・Wiiリモコン・Arduino等のハードウェアデバイスを様々に組み合わせた作品の制作を行う。
    デジタルに依存つつもアナログの持つ力を特に重要視しており、現実世界での「体験」をデジタル技術を駆使して拡張し、現実とデジタルの境を曖昧にさせるような中間的な表現を好む。

     

     

    [授業内容]

    ・1時限目(14:00-15:30) 休憩10分
    oF(openFrameworks)とは、インストールと基本

    ・2時限目(15:40-17:10) 休憩10分
    基本的な描画

    ・3時限目(17:20-18:50) 休憩10分
    描画2
    プログラミング基礎
    音との連携

    ・4時限目(19:00-20:30)
    音との連携2
    製作と発表

    【企画】
    Nu flair

    【協力】
    CosmicLab
    http://www.cosmiclab.jp/