JARVIS EARNSHOW exhibition “nowhere / now here”

post-rogo
  • Jun 2012

    JARVIS  EARNSHOW  exhibition  ”nowhere / now here”

    2012.6.30.SAT — 7.10.TUE
    opening hours 16:00 – 23:00
    close:WEDNESDAY
    entrance: 1drink order

    NYから来日中の”Jarvis Earnshow”による写真を中心とした個展”nowhere / now here”。人々と時間の流れが残像を伴い交差する都市に漂う喪失感と再生を、ミュージシャンとしても活躍する作家が映しだします。

    //////////////////////////////////////////
    OPENING RECEPTION pARTy
    2012.6.30(SAT)  start 18:00
    entrance: FREEEE

    LIVE:
    YOSHITAKE EXPE
    Jarvis Earnshaw

    DJs:
    RIE LAMBDOLL (CROSSBRED)
    MONK-α (MONO ADAPTER)
    & more

    //////////////////////////////////////////
    Jarvis Earnshaw  profile
    ジャービス・アンショー プロフィール

    デザイナー/ミュージシャン/画家/写真家
    1982年、ロンドン出身。幼少期を日本で過ごす。
    文化学院(東京),Pratt Institute(NY)卒業。
    現在拠点にしているNYのみならず、ヨーロッパ/日本/インドでも個展やLIVEを行う。
    日本ではDragon Ashのギターとして活動もしていた。
    音楽のみならず、写真や絵の個展やパフォーマンスアートなどと活動を広げている。
    彼の作品は良質の映画のように過去やその先にある記憶を惣起させ、レコードの心地よいノイズのように豊潤で、時に激しくもあるが、優しく魅力的である。
    パンクヴァイオリニストのWalterSteding、グラフィティの先駆者KennySharfや曲芸師等、様々なジャンルのアーティストとコラボレーションをしている。

    Designer, Musician, Painter and Photographer
    Born in London 1982, he spent most of his childhood in Japan, graduated from Bunka Gakuin Art School and is a recent graduate of the Pratt Institute. His musical career as well as his Art career has been recognized worldwide, having solo exhibitions from Japan to New York, performing at Fuji Rock Festival, Gotou Planetarium, etc. and is now based in Brooklyn, New York. His work is often described as a cinematic experience, provoking memories of past and beyond, warm and rich as does the noise from a record needle touching an LP; at times violently explosive yet soothing and irresistible. nowhere_now here.

    //////////////////////////////////////////
    GalaxyGalleryにて、Tokio Aoyama  exhibition “TRIP” 同時開催!!!

    http://www.galaxygallery.info/future/tokio-aoyama-exhibition-trip/

    //////////////////////////////////////////