dublab.jp Radio Test-Run #5 From Osaka @ GalaxyGallery

post-rogo
  • May 2014

    dublab5_image

    1999年からインディペンデントな姿勢でポジティヴな音楽、アート、カルチャーを広めることを目的として始まった、LA発の非営利ウェブ・ラジオ・コレクティヴ “dublab.com” 。その理念の元、日本での活動を開始した”dublab.jp”が大阪から五回目の配信!大阪をベースに活動を続ける、音楽/アート/パーティーを介した様々なコミュニティがお届けします。

    第五回目となる5月23日の放送は、DMC WORLD DJ CHAMPIONSHIPS TEAM部門”世界五覇”のDJユニット”KIREEK”主宰の音楽レーベル『PLANT RECORDS』と、主に水面下で活動している強烈な個性をもつイベント/人/シーンを”Nu(新しい)”な視点や解釈で紹介していくイベント『Nu flair』がお贈りします。

    PLANT RECORDSからは、4アーティストによる多彩な音楽をお届け。先月末1st ALBUM『MIND ADVANCE』をリリースした“DJ YASA”、dublab.jp OSAKAへ2回目の出演となる”Animal Living”、”DJ S2″によるターンテーブルショーケース、“SENSE BEATS”によるLIVEセットを配信します。

    Nu flairは、関西次世代エレクトロニクスシーンで台頭するイベント 『IdleMoments』の主宰、Eadonmmにフォーカスをあててお送りします。

    会場となるGalaxyGalleryへは入場可能(1ドリンクオーダー)なパーティースタイルの公開配信となっていますので、
    是非お気軽に現場にも遊びにお越し下さい!

     

    dublab.jp Radio Test-Run #5 From Osaka

    organize : COSMIC LAB
    venue : GalaxyGallery
    time :  2014.5.23.fri  20:00 – 22:00
    listen :  dublab.jp
    (http://dublab.jp/2014/05/21/dublab-jp-radio-test-run-5-from-osaka/)

    (part 1 / 20:00 – 21:00)
    DJ YASA
    Animal Living
    Dj S2
    SENSEBEATS

    presented by  PLANT RECORDS

    (part 2 / 21:00 – 22:00)
    Eadonmm

    presented by Nu flair

     

    ■ DJ YASA

    どこにでもいる田舎のスケボー少年が、17才の時に魅せられたターンテーブル。DJを始めてわずか3年にして世界最大規模の
    DJバトル、DMC WORLD DJ CHAMPIONSHIP 2003において日本チャンプに輝くと、ロンドンで行われた世界大会で世界4位
    という衝撃デビューを果たす。その翌年、盟友HI-C(2005 Vestax Extravaganza World Champion)とターンテーブリズムユニット『Kireek』を結成。2006年DMC WORLD CHAMPIONSHIPでは2度目の日本チャンピオン、さらにWORLD FINALで会場に集まった様々な国の人々を興奮の渦へ誘い、堂々の第2位の座を獲得し世界に日本の名を刻み込んだ。またKireekとしての活動では、2007年日本が世界に誇る野外フェスFUJI ROCK FESTIVALに出演。同年のDMC WORLD CHAMPIONSHIP TEAM部門において、ドイツ、フランス、イギリスなどの強豪国を抑え初出場にしてアジア初の世界王座に輝くと、続く08年、09年、10年、11年と防衛王者として世界記録の5連覇の偉業を成し遂げた。その独特なサウンドスタイルが評価され、ロンドンでNIKE DESTROYERジャケットを記念したイベントやDJ Krush / Prefuse 73との共演、モスクワで行われたTOYOTA IQのロシア発売イベント、中国ツアーなど海外でも注目される。そのプレイスタイルはまさに”FUN !!”、プレイしている本人の表情と雰囲気を見てもらえれば分かるだろう。ジャンルを超越した選曲、2枚のレコードを駆使し作り出されるサウンドストーリー、他とは一線を隔す衝撃のライブを約束しよう。

    これまでにHIFANAアートワークでおなじみ、MAHAROデザインのMIX CD TRIPシリーズ3枚リリース。(2007~2010)

    新感覚カレンダーUNIQLO CALENDARでFantastic Plastic Machineとコラボレートし、その曲が6枚目のアルバム『FPM』にて1曲目に選抜される。(2009)

    OILWORKSより「映像」と「音」を融合させたコンピレーションアルバムDVD、『The Visionaries』の特典映像で参加。(2011)。

    OILWORKS TECHNICS OsakaでのLiveセットMIXCD『The Technics Technique』のリリース。(2011)

    初オリジナルトラック作品『Useful For Mind』12inch EPのリリース。(2013)

    Kireekではバトルブレイクス12inch『Kireek Breaks』のリリース。(2007)

    DMC WORLD DJ CHAMPIONSHIP5連覇ドキュメンタリーDVD『KIREEK TV』リリース。(2013)

    KIREEK TV発売記念でSTUSSY.KIREEKコラボTシャツ全国発売。フューチャリングではNinja TuneのDJ KENTARO初DVD作品『National Geoscratch』、

    人力手動ブレイクビーツユニットHIFANAの『南風ケーブル2』、ヒューマンビートボクサー太華の『顔面着地』、MJRのBOXER KID『DO CRAZY WITH LOVE feat.SHINGO☆西成』楽曲提供、

    CHEHON『A PASSING POINT』など、様々なジャンルの作品に参加している。地球をフィールドに、音楽とスキルで世界にポジティブエネルギーを与え続けるDJ / TURNTABLIST / SOUND CREATORである。待望の1st Full Album 『MIND ADVANCE』2014年4月発売!!

    yasa1

    https://twitter.com/PLANTRECdjyasa
    https://www.facebook.com/DJYASAkireek
    https://soundcloud.com/djyasa-kireek

     

    ■Animal Living

    Erectoro、Techno、House、Tranceといったダンスミュージックを中心に楽曲をプロデュースするユニット。
    ジャンルレスに音を吸収し、再構築された音楽はオリジナリティ溢れる新境地のダンスミュージックを作り出す。
    DJ兼トラックメイカーのNAO-KとトラックメイカーのGREEN DIESELからなるユニットであり、Liveではmash upを含め、すべてオリジナル音源でPlayし、スクラッチや、ビートジャグリング、サンプラーなどを駆使した演奏スタイルはまさに異次元空間。さらに今年からVJのSynzosizerがLiveに同行しており、Animal Livingの世界観をより具現化した形で表現している。
    大阪を拠点にLiveに出演し、”KAIKOO OSAKA”"DJ KENTARO CONTRAST TOUR”"KIREEK TV DVD TOUR”などの大型イベントにも出演し、フリーEP、オリジナル音源でのMix、Remix EPなどの作品も多数発表している。そして2012年8月にMoment EPを全国リリースしており、Tower Records、HMVなど大型CDショップにて好評発売中。
    KIREEK TV DVDへの楽曲提供もしており、Amazon エレクトロニカ部門1位を獲得している。
    生音から電子音まで幅広い音源を駆使し、クリエイトする二人のサウンドはまさにスペイシーかつオーガニックなサウンドを生む。

    animal2

    http://animal-living.com

     

    ■DJ S2

    2005年にバトルDJに憧れキャリアをスタートさせる。
    多くの大会に出場しDMC 2010 Battle For Japan Supremacy Finalistになる。同年の大阪で行われたFar East DJ Battleで
    優勝を果たす。 1年の休止期間をへて復活したDMC JAPAN FINALに東北代表として初出場を果たす。
    DTMによる楽曲制作にも幅を広げ、EP『TRUST TREE』をBandcampにてリリース。
    2014年PLANT RECORDSとしてDOMMUNEにトップバッターで出演しTurntablismを駆使したPLAYは高い評価得た。LAのレーベルSoulectionのJapan tour、Low End Theory Japan Tourにも出演するなど幅広く活動中。

    DJ_S2

    http://www.plantrec.com/
    http://soundcloud.com/dj_s2

     

    ■SENSEBEATS

    学生時代スケボーにのめり込み、HIPHOPなどのストリートカルチャーを知る。以降、HIPHOPカルチャーの一部である、
    ターンテーブリズムに魅せられDJバトルコンテストに出場する。
    04年 VestaxExtravaganzaFinalist、DMCJapanFinalist、05年 DMCJapanFinalistなどの戦歴を残す。近年、Trackmake、Remixなど、SoundCreatorとして活動。斬新雑食ミュージックレーベルPLANT RECORDSの一員として参加。

    SENSEBEATS

    https://soundcloud.com/sensebeats-1
    https://twitter.com/SENSE_BEATS

     

    ■Eadonmm (Day Tripper Records)

    関西を拠点に活動するトラックメイカー/プロデューサー。主にTriAngleレーベルやChill Wave,Witch House周辺のアーティストに影響を受け、本来持っている実験的な志向と合わし独自の音楽を追求。陰鬱で神秘的な世界観はシーンの中で一際異彩を放って いる。2012年、Day Tripper Recordsより初のカセットテープ作品『Anne』をリリース。また、SonarSound Tokyo2013, Out Of Dots, KAIKOO OSAKA, Back To Chillといった国内主要イベントに出演。
    さらに、今や関西を代表するパーティー”IdleMoments”の主宰者として、これまで数多くの国内外アーティストを招待。イベントを通じコミュニ ティやアーティストを繋げるオーガナイザーとしての側面も持つ。2014年1月29日、Day Tripperよりリリースされた1st full album『Aqonis』(DTR-011) がPitchforkにて好評価を獲得、鮮烈なデビューを飾ることとなった。

    - IdleMoments -

    エレクトロニクスを用いたモダンサウンド、及び次世代のクリエーターを発掘・紹介するアート・プラットフォームとしての
    ライブセッション。
    音×映像×メディア×アート、あ­らゆる観点から音楽/2010年代以降のカルチャーの可能性を追求し、ジャンルを越えて楽しめる
    シームレスな環境/空間を提供。

    Eadonmm

    http://eadonmm.com