dublab.jp Radio Test-Run #1 From Osaka at GalaxyGallery

post-rogo
  • Oct 2013

    dublabjp_osaka011-720x781

    1999年からインディペンデントな姿勢でポジティヴな音楽、アート、カルチャーを広めることを目的として始まった、LA発の非営利ウェブ・ラジオ・コレクティヴ”dublab.com“。 その理念の元、日本での活動を開始した”dublab.jp“が、遂に大阪からも配信が始動!

    音楽/アート/パーティーを介した様々なコミュニティが大阪にも存在し、それらを紹介していく計画です。
    第一回目は、全国のDJ達からの信頼を受け、大阪を代表するレコードストア”NEWTONE RECORDS“と、こちらも関西のビートメイカーの求心力となり、DAY TRIPPERとも連動するパーティー”INNIT“がお贈りします。
    そして最後は、この晩DEADALUSとの共演が大阪・CONPASSでも行われるDUBLAB主宰者”FROSTY”のDJも決定!
    会場となるGalaxyGalleryに入場していただく(1ドリンクオーダー)パーティースタイルの公開配信となっていますので是非お気軽に現場にも遊びにきて下さい!

    organize : COSMIC LAB
    venue : GalaxyGallery
    time : 17:00 – 20:00
    listen: dublab.jp

    (part 1 / 17:00 – 18:00)
    dj : MONGOOSE , DNT

    live: YPY

    Presented by NEWTONE RECORDS

    (part 2 / 18:00 – 19:00)
    live: Magical Mistakes , Metome

    talk: Kubo Masayuki x Shigeto

    Presented by INNIT

    (part 3 / 19:00 – 20:00)
    dj: Frosty

     

     

     Mark “frosty” McNeill
    1999年にフロスティはロサンジェルスを拠点にする非営利ウェブラジオ局とクリエイター集団であるdublab.comを仲間と設立した。それ以来、彼はポジティブな音楽、アート、カルチャーを広めるためにこの団体をリードしてきた。dublabのFuture Rootsラジオ放送の延長線上の活動として、彼は”dublab presents”のアルバム・シリーズや、世界中をツアーするアート展のキュレーションを行っている。アドヴェンチャー・タイム(デイデラスとのユニット)のサイケデリックなカット・アンド・ペースト・ミュージック以外に、ジミー・タンボレロ(DNTEL)らとドローン・バンドであるゴールデン・ヒッツとしても活動している。
    フロスティはLA Weekly誌で「ロサンジェルスのベストDJ賞」も受賞したことがあるが、仲間のDJのプレイを聴くことのほうが楽しいと思っている。彼は世界中のエキゾチックなロケーションで誰も聴いたことがないようなレコードをプレイすることに生き甲斐を感じている。映画マニアでもある彼は、dublabのDJブライアン・モーフォ・ヤウンスと共同でサンプリング音楽への愛情とサウンド・リサイクルに焦点をあてた音楽ドキュメンタリー『Secondhand Sureshots』を監督し、映像シリーズ「A Labrat Matinee」もキュレーションしている。彼がプロデュースしている「dublab VisionVersion」は、世界中の著名アーティストがロサンジェルスの知られざる秘密スポットでライヴを披露し、それを記録した映像作品シリーズとなっている。また、Creative Commonsと組んだアート・エキシビジョンINTO INFINITYは日本でも展開された。
    dublabの長寿ラジオ番組「Celsius Drop」を担当。サウンドとビジョンを追い求める彼のDJセットや詳しい情報をチェックしたい方は、ここをチェック:dublab.com/frosty

    frosty_photo-720x527

    dublab.com

     

     

    MONGOOSE

    大阪心斎橋のレコードショップNEWTONE RECORDS代表。
    国内のアンダーグランドな場で活躍中のDJ、クリエイター、そしてピュアな音好きに支持される。

    MONGOOSE

     newtone-records.com

     

     

     

     YPY

    日野浩志郎によるソロユニット。1985年生まれ島根出身。

    カセットテープレーベル『birdFriend』主宰。

    goat、bonanzasというバンドのコンポーザーであり、

    増子真二(boredoms/DMBQ)率いる大編成ギターオーケストラ

    The Floating Guitar Borchestra Of Boredomsにも参加している。

    2013年にはHEADZ(UNKNOWNMIX)よりgoat『NEW GAMES』、

    MEATBOX recordsよりbonanzas『BONANZAS』をリリース。

    YPY

    sites.google.com/site/bandgoat/
    bnzsmail.wix.com/bonanzas
    birdfriendtapes.tumblr.com/

     

     

    Metome
    大阪府出身のTakahiro Uchiboriによるソロ・プロジェクト。
    関西を拠点に活動BRDG,REPUBRIC,2.5D,DOMMUNEなど東京、県外のイベントに出演。
    2013年にリリースしたAlbum[OpusCloud]がこのジャンルとしては異例のセールス枚数を記録する。
    その後、リリースしたEP[Phestic Suface]がXLR8R,Dummy,bokahなどの音楽サイトから高い評価を獲得し、
    米シアトルのFMラジオ局“KEXP 90.3 FM”などでも楽曲がOn Airされる。
    様々なスタイルの音楽を吸収し消化しながらも日本的な美意識を根底に現代的にアップデートされた音楽を思考し試みている。

    METOME

    met0me.net

     

     

    Magical Mistakes
    Magical MistakesはERIK LUEBSに よるソロプロジェクト。
    日本の音楽に影響を受け日本へ移住。
    大阪エレクトロニックシーンの重要なアーティストのひとりである。
    ギター、木琴、ピアノ、 バイオリン、ドラム、フィールドレコーディング、そして自身のボイスなど生音を多用したナチュラルなサウンドで、スピリチュアルジャズ、ポストロックミュージックを軸にしたエレクトロニックミュージックを奏でる。

    MAGIKALMITAKE

    magicalmistakes.com

     

     

    Shigeto
    デトロイト在住のトラック・メイカー/ドラマー、Zach Saginawによるソロ・プロジェクト。
    かつてはSchool of Seven Bellsのサポート・ドラマーとして活動したこともあったが、
    現在は自身のソロ活動に専念している。
    デジタル・レーベルMoodgadgetで作品をリリースした後、名門Ghostly Internationalへと移籍。
    現在までにリミックス盤を含むEPを4作、ミニ・アルバム、フル・アルバムをそれぞれ1枚リリースしている。
    昨年は180ショーを行うなどライヴも精力的に活動。
    近年はStar SlingerやMount Kimbie、Matthewdavid、Bonoboなど多数のアーティストとツアーを回り、
    エレクトロニクスと生ドラムを駆使したアグレッシヴなパフォーマンスは各所で絶賛されている。
    今年8月にセカンド・フル・アルバム『No Better Time Than Now』をリリースした。

    shigeto

    ghostly.com/artists/shigeto

     

    TOTAL INFO→

    http://dublab.jp/2013/10/27/dublab-jp-radio-test-run-1-from-osaka/