光宗 薫 個展「スーパー劣等生」

post-rogo
  • Oct 2013

    光宗 薫個展 「スーパー劣等生」

    2013.10.11.fri – 20.sun
    at GalaxyGallery

    OPEN_  16:00 – 23:00
    CLOSED_  Wednesday(16th)
    entrance_  500yen (1ドリンク付)

    AKB48に彗星のごとく現れ、瞬く間に活動を休止した彼女。
    アイドルとして周囲に期待された未来から脱却し、
    アイデンティティ・クライシスを”絵に描く”ことで昇華して、新たな領域へと歩み始める。
    様々な愛好者が集い自由に自己表現をしている街、自らのオルターエゴを投影する街、
    そして彼女が一番居心地の良さを感じた街”日本橋”で、ありのままの自分を作品とする。
    GalaxyGalleryの原点の一つでもあり、米・ネバダ州の砂漠で行われるフリークアート・
    フェスティバル”Burningman”で繰り広げられているような人間の開かれた可能性を、
    彼女はこの街で感じたのかもしれない。

     

    <光宗 薫>
    モデル・女優・ボールペン画家
    2011年3月、神戸コレクションモデルオーディションでグランプリを受賞。
    2011年12月、アイドルグループAKB48の13期生として活動を開始。
    AKB48としては異例の抜擢を受け、劇場公演デビュー前から雑誌やCMに単独で出演し、
    「スーパー研究生」と評される。
    2012年4月期の連続ドラマに初出演を果たし、11月には自身初主演の映画が公開。
    体調不良により、同年10月24日にAKB48の活動を辞退。
    作家初となる今回の個展は、多忙な芸能タレント活動の中でも自身の表現として取り組んできた
    ボールペン画を中心に発表する。